渡哲也がTBS連続ドラマに初出演!!

木曜ドラマ9(ナイン)『ランナウェイ〜愛する君のために』になんと、超大物俳優・渡哲也が出演することになりました。

ドラマの中で重要な役どころとなる柳川元刑事役として登場する渡哲也は、TBS連続ドラマ初出演となります。

渡哲也の連続ドラマ出演は、2009年日本テレビ7月ドラマ『華麗なるスパイ』以来3年ぶり、TBSの出演は単発ドラマの2002年10月放送『月曜ミステリー劇場 スクープ』以来9年ぶりとなりますので、かなりプレミア感のあるドラマになりそうですね。

渡哲也扮する柳川孝太郎は、定年間際に、主人公・葛城アタル(市原隼人)が有罪となった警官殺しの捜査を担当した元刑事。現役最後となった事件の捜査を進めるうち、アタルの一本筋の通った男気や優しさに触れ、「本当に彼が警官を殺したのか?」と疑問を抱く。さらに状況証拠と自供のみで幕引きを図ろうとする警察組織にも不信感を覚えるものの、真相を究明できずに定年を迎えた過去をもつ。退職後の現在は駐輪場の管理人をしているが、アタルの脱獄を知り…。

主演の市原隼人に加え、渡哲也の出演が決まった10月27日(木)スタートの木曜ドラマ9(ナイン)『ランナウェイ〜愛する君のために』、初回は2時間スペシャルのよる9時〜10時54分でお送りする!乞うご期待!!


<渡哲也コメント>
「これまでいろんな刑事役を演じてきましたが、それらはある意味、エンターテインメント的につくられた刑事像というか、カッコよすぎでした。『西部警察』の大門刑事などは、特にそうでした。
今回ドラマで描かれる柳川は、名刑事と呼ばれていたとしても、一般的によくいる自分の仕事を頑張ってきた職業人だったように思います。台本を読んでいても、存在に嘘っぽさを感じない役なので、地に足のついた人間の姿をリアルに演じることに集中していきたいと思っています。市原さんとお会いして握手をしましたが、このドラマにかける思いが伝わってきました。そういう熱い人たちと一緒に芝居ができるのは嬉しいものだなと感じました。彼らを父親的に見守るだけなんて面白くない。エネルギッシュな若者から、しっかり刺激をいただきます。」

<市原隼人コメント>
「役者としても人生においても大先輩であり、今自分が役者をしている目標でもあります。渡さんからいろいろなことを学びながら、全力で人間くさく、芝居で会話が出来ることを楽しみにしています。」

<TBSコメント>
「渡哲也さんをTBSの連続ドラマにお迎えすることは、弊社の長年の夢でした。
今回、新枠「木曜ドラマ9」のスタートに何かとお力添えいただきたいというオファーに快諾していただきました。ついにご一緒する縁に恵まれ、大変うれしく思っています。」

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。↑
1クリックご協力おねがいします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。